BLOGブログ
BLOG

ホワイトニングはどのくらい持続するのか?メリット・デメリットも合わせて解説。

2020/06/28

今や、歯のホワイトニングは芸能人のみの特権ではありません。
一般の人でも多くの人がホワイトニングしているし、今まさに検討している人も多いのではないのでしょうか?
もちろん費用も気になりますが、どれだけホワイトニング効果は持続するのか気になるところです。
今回はホワイトニングの種類とその持続期間について解説していきます。

ホワイトニングは基本的に2種類あります。
詳しく見ていきましょう。

▼オフィスホワイトニング
歯科で通院して行います。
専門のホワイトニング剤を塗り、光を当てることでホワイトニングします。
安定したら月1の施術になります。
施術時間は30~1時間程度

・メリット
・3回程度で満足する白さにできる
・自分の希望の白さまで施術することができる
・施術時間が短い

・デメリット
・効果を維持するためには月1のメンテナンスが必要
・費用が高い
・痛みがでる心配がある

?効果期間
自分の目標の白さまで結果がでるのには3ヶ月ぐらいかかりますが、1回施術するだけでも本来の歯の白さまで結果はでます。
効果を維持できる期間は、月1のメンテナンスを続ければ効果は維持します。
しかし、メンテナンスをやめてしまうと5ヶ月程度で歯の状態は戻ります。

▼ホームホワイトニング
歯科で作ったマウスピースと処方された薬剤を用いて、家でホワイトニングを行うことができます。
施術時間は毎日行う必要があります。
施術時間は3時間程度

・メリット
・費用はオフィスホワイトニングより安い
・1度白くなれば、継続できる

・デメリット
・効果がでるのに4ヶ月ぐらいかかる
・施術時間が長い

・効果期間
はじめの2,3ヶ月では効果はあまり感じませんが、4ヶ月を過ぎるころには歯が白くなっていると感じます。
効果を感じれる期間は長い人で1年ぐらいとかなり持ちがいいです。

いかがでしょうか?
自分の生活スタイルに合わせてホワイトニングを選んでみてはいかがでしょうか?