BLOGブログ
BLOG

歯石取りのメリットについて

2020/07/25
普段の歯磨きがしっかりとできているのか、虫歯や歯周病にならないか心配ですよね。
歯石取りについて詳しく紹介していきたいと思います。
▼歯石とは?
歯石とは、唾液中のカルシウム・ミネラルなどが歯垢に沈着して固まってしまったものをいいます。
上の奥歯の外側や下の前歯の内側には特に歯石がつきやすくなっています。
歯垢だと歯磨きの際に落とすことが可能ですが、歯石は硬く通常の歯磨きでは取り除くことができません。
蓄積していくことでトラブルを起こす原因になってしまうので、歯科医院での除去が必要になってきます。
▼歯石取りのメリット
・歯周病や虫歯の予防
歯石には歯垢が集まり汚れが溜まりやすい構造のため、放置することで悪化していきます。
歯石を除去することで歯周病や虫歯の予防、悪化を防ぎます。
・歯の色を改善
歯石が付着したままだと歯の色が黄ばんできます。
歯石を除去することで歯の表面が滑らかになり、本来の色を取り戻す方向に向かっていきます。
・歯茎の出血や腫れの予防
歯石が歯茎の境目に付くことで細菌が繁殖し、腫れの原因になります。
歯石を除去することで健康で引き締まった歯茎に近づきます。
・口臭予防
歯石は口臭の原因にもなっています。
歯の隙間に詰まった歯石や歯垢を除去することで口臭予防になります。
▼歯石取りのペース
歯石取りは3~6ヵ月に1回程度が一般的にすすめられています。
しかし歯周病の進行などによってはペースが変わってきますので、まずは自分の歯の状態を把握しておくことが重要です。
歯石は自分で無理やり取ろうとすると、歯茎を傷つけて歯石が更に付きやすくなってしまったり、悪化も考えられるのでやめましょう。
歯石が気になっている人は歯科医院の受診をおすすめします。