BLOGブログ
BLOG

虫歯予防の歯磨き粉の選び方

2020/10/15
歯磨き粉って種類がありすぎて、何を基準にどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。
今回は虫歯予防のための歯磨き粉の選び方のポイントをご紹介していきたいと思います。

▼虫歯予防のための歯磨き粉の選び方
虫歯予防に効果的な歯磨き粉を選びましょう!

■虫歯予防の成分が入っているか確認する
・フッ素(フッ化ナトリウム)は虫歯予防に有効な成分です。
虫歯の原因の酸生成の抑制、酸により歯の表面を溶けにくくする再石灰化を促進してくれます。
虫歯になりやすい人はフッ素1,000ppm以上配合のものを選びましょう。
※6歳未満のお子様は誤飲の可能性があるので、フッ素濃度1,000ppmを超える歯磨き粉は使用しないで下さい。

・キシリトールは虫歯菌の抑制、食事で酸性に傾いた口の中をアルカリ性に戻し、酸により歯が溶けるのを防止する再石灰化の効果が
あります。

■研磨剤入りは使用頻度注意&発泡剤が少ないもの
研磨剤は、虫歯の原因になる細菌や歯垢を取り除いてくれますが、歯の表面の健康な膜を剥がし傷つけてしまうこともあるので
週に1~2回の使用か、研磨剤の少ない歯磨き粉にしましょう。
発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)も少ないものが良いです。

■雑菌成分&抗炎症成分入りで歯周病も予防
イソプロピルメチルフェノール、トリクロサン、塩化セチルピリジニウム、クロルヘキシジンは歯周病に効果のある殺菌成分になります。
虫歯と歯周病のどちらも気にしている人、予防したい人は、フッ素+歯周病菌の殺菌成分が配合されている歯磨き粉を選ぶことを
おすすめします。

毎日の歯磨きで、いつまでも丈夫な虫歯のないきれいな歯を保ちたいですよね。
目的や悩みに合わせた効果で、自分の歯に合った歯磨き粉を選ぶようにしましょう。