BLOGブログ
BLOG

歯が染みる原因は虫歯のせいかも

2020/11/08
「冷たいものを飲むと歯がしみて辛い…」と歯について悩んでいる方はいませんか?
歯がしみる原因には知覚過敏などがありますが、虫歯が原因でしみているかもしれません。
今回は歯がしみる原因や、虫歯が原因だった場合の治療法を紹介します。
▼歯がしみる原因
まずは歯がしみる原因にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。
■虫歯
虫歯は痛いというイメージが強いですが、重度の虫歯の場合に痛みを感じます。
初期、中度の虫歯は、冷たいものを飲んだ時にしみるといった症状が多いです。
■知覚過敏
虫歯は無いのに冷たいものがしみる場合は、知覚過敏の可能性があります。
歯の表面を覆っているエナメル質が薄くなり、その下の象牙質が出てしまっていることによって起こります。
ホワイトニング後に歯がしみるのも知覚過敏が原因です。
■歯周病
歯磨きをした時に血が出る、歯茎がぐらついている、という症状があって、
歯がしみるなら歯周病が原因という場合もあります。
歯茎がやせて、歯根が露出してしまい、冷たいものを飲んだ時にしみてしまいます。
▼虫歯で歯がしみる時の治療法
虫歯で歯がしみている場合は、虫歯の進行が中度まで進んでいる可能性があります。
早めに以下のような治療をしましょう。
■軽度の虫歯
軽度であれば、削る必要はなく、コンポジットレジンという白い樹脂を詰めます。
その日のうちに治療は終わります。
■中度の虫歯
中度であれば、虫歯を削って取り除き、歯型を取って作った詰め物を着けます。
虫歯の範囲が小さいければ、白い詰め物をして終わることもあります。
▼歯がしみたら早めの受診を
今回、歯がしみる原因や虫歯が原因だった場合の治療法を紹介しました。
虫歯で歯がしみるのであれば、初期の段階である可能性は高いです。
定期的に歯科医院でクリーニングをしてもらうことで、初期の虫歯は見つけることが出来ます。
歯がしみる症状がある方は、早めの受診をご検討ください。