BLOGブログ
BLOG

歯ブラシの種類について

2021/02/15
毎日使っている歯磨きですが、どのような歯ブラシを使っていますか?
ドラックストアで何気なく選んでいる人が多いのではないでしょうか。
歯ブラシを選ぶ際に知っておくと良いポイントをご紹介します。

▼硬さで選ぶ
歯ブラシには、「かため」「やわらかめ」「ふつう」とあります。
■かため
汚れを落とす効果は高いですが強く磨きすぎると歯ぐきからの出血してしまうこともあります。
■やわらかめ
歯ぐきを傷つけにくいですが、汚れの落ちにくいので丁寧に磨かなくてはなりません。
■ふつうの
一般的な硬さで1番使いやすく汚れも落とせます。
基本的には歯ぐきを傷つけにくいやわらかめを選ぶのをおすすめします。
■形状で選ぶ
「山形カット」と「平らびカット」されたものがります。
■山形カット
歯の間にたまっている汚れを落とすに向いています。
■平らにカット
毛先が平らになっていると圧力が均等にかかるのでしっかり磨くことができます。
▼ブラシのヘッドで選ぶ
歯ブラシのヘッド部分の大きさで選びます。
■大きめなヘッド
前歯などの大きい歯を磨くのに向いています。
■小さめのヘッド
奥歯や磨きにくい部分を磨くのに向いていますが、ヘッド小さい分磨くのに時間がかかります。
▼毛の材質で選ぶ
歯ブラシの毛に使われているタイプは主に2つです。
■ナイロン素材
1番多く販売されているのがナイロン素材で乾きやすいので清潔に保てます。
■ポリブチレンテレフタート(PBT)
ブラシにコシがあり水分の切れも良いのでナイロン素材より長持ちします。

歯ブラシにはたくさんの種類があり、それぞれに適した効果があります。
磨きの腰があると虫歯の原因や口臭の原因にもなってしまいます。歯磨きをする際に使い分けたり自分に合った歯ブラシを見つけてみてください。
自分に合う歯ブラシが分からない場合は、歯科医院で相談してみましょう。