BLOGブログ
BLOG

歯磨きの目安の時間って?

2021/03/15
歯磨きって何分くらいするのがベストなのかご存じでしょうか?
特に時間は気にせずやっている人、長く磨けば磨くほど効果があると思っている人もいるのではないでしょうか?
今回は歯磨きに必要な目安の時間をご紹介しますので、自分の歯磨きを見直してみましょう。

▼目安時間は最低3分!
歯科医は朝、晩の1日2回を推奨しています。
時間は最低3分は磨くようにしましょう。
上下の永久歯が生えそろっていれば、28本の歯がありますので、1本1本の歯を小刻みに丁寧に磨けば最低でも3分くらいはかかります。
子供の場合は、夜にプラス仕上げ磨きをしてあげましょう。
6歳臼歯が生えてきて、きれいに磨くのが難しい時期になります。

▼時間の長さよりしっかり磨けているかが重要
どれだけ時間をかけても、プラークが除去できていないと歯磨きの意味がありません。
歯磨きは口の中をきれいにすることが最大の目的なので、口の中のプラークがしっかり除去できれば、3分かからなくても十分ということ
になります。

▼長く磨きすぎると…
■歯のエナメル質は削れや傷がついてしまう
磨きすぎは、知覚過敏の原因になってしまいます。
歯磨きの目的はプラークを落とすことで、100~150gのブラシ圧で1本の歯を10~20回磨けば落とせます。
長時間する必要はありません。

■歯茎が傷んでしまうこともある
歯茎が下がる歯肉の退縮やフェスツーンというタコができるなどの歯茎が傷んでしまう場合もあります。
歯や歯茎は歯ブラシで簡単に傷ついてしまう、意外にデリケートな部分です。
適切な力や時間を頭において効果のある歯磨きをしましょうね。

歯磨きは、時間や回数よりも、歯の一本一本を丁寧にしっかり磨いてプラークを落とすことが大切になります。
歯磨きに関する疑問などありましたら歯磨き指導を受けることもできます。
歯のお悩みなどありましたら歯科医院での受診をされてみて下さいね!