BLOGブログ
BLOG

ゆすがない歯磨き法の効果とは

2021/05/15

毎日歯磨きしているのに、虫歯ができてしまう。
そうなんです、日本人の多くが歯磨きを毎日しているのに虫歯の人って多いんです。
もしかしたら、今までの歯磨きでは不十分なのでは?
そんなあなたは、今までの歯磨きを見直すタイミングかもしれません。
今回は、虫歯の少ない国としても有名なスウェーデン発祥の新しい歯磨き法『ゆすがない歯磨き』をご紹介します。

▼ゆすがない歯磨きとは
スウェーデン発祥で『イエテボリ テクニック』とう歯磨き法です。
フッ素配合歯磨剤の効果を最大限に生かした歯磨き法になります。
この歯磨き法を実施することで、普通に歯磨きをするより25%以上虫歯予防できるという報告もあるぐらいなんです。

?イエテボリ テクニックの手順
①フッ素配合歯磨剤の歯磨き粉をたっぷり(2㎝)歯ブラシに出します。
②2分程度歯磨きをします。
③歯磨剤をはきださないで、10mlの水を含む
④30秒そのまま洗口します。→フッ素を口の隅々に広げます。
⑤吐き出したら、2時間飲み食いしません。

※イエテボリ テクニックする前に一度歯磨きをするをすることで効果を高めることができます。

実際にイエテボリ テクニックを始めると、初めは歯磨き粉が口に残っている感覚に不快感を感じますが徐々に慣れます。
歯にフッ素がしっかりコーティングしているので、長時間歯がツルツル感を維持することができます。
また、翌朝の口の粘着きなどが改善したという感想も聞かれます。

市販されているフッ素配合歯磨剤の歯磨き粉の他にジェルや液体などもあるので、自分の好みで選んでみてもいいですね。

歯科にも歯科医がおすすめしているフッ素配合歯磨剤も展示していることが多いので、待っている時間にでも覗いてみたらいかがでしょうか?